【9437】NTTドコモの連続増配年数は?上場以来、一度も減配のない安定配当株

9437NTTドコモ 配当金 日本株

 

NTTドコモ(9437)は、国内携帯電話のシェアトップ企業です。

KDDI、ソフトバンクとの3社のなかでは、最も解約率が低いですね。

NTTドコモは、1998年の上場以来、一度も減配をしたことのない安定配当株です。

値上がり益はあまり見込めませんが、家計のキャッシュフローを作るため、高配当でかつ、減配リスクの低い銘柄であるため、保有しています。

先日、5Gの体験をさせていただきましたが、東京五輪から5Gは世に出てきます。

また違う未来を私たちに見せてくれることは間違いないなと、今からワクワクします。

そんな通信インフラを提供してくれているNTTドコモのご紹介。

スポンサーリンク

一度も減配したことのない高配当株 NTTドコモ

 

NTTドコモは、上場してから一度も減配したことのない強みです。

また、近年では、株主還元にも積極的になっており、自社株買いと増配を続けています。

9437NTTドコモ 配当金

2018年3月期で4年連続増配となっています。

2019年3月期では、1株10円(+10%)の増配を予定しており、5年連続の増配となりますね。

私は、高配当株への投資を集中させていますが、NTTドコモのように、

  • 減配がない
  • 業績が安定
  • 増配株

というような銘柄は、安定配当株として保有しておきたい銘柄と考えています。

配当性向は50%程度と増配余地あり

1株利益のうち、どのくらい配当金に回しているのかという目安を見るのが「配当性向」です。

配当性向が100%を超えれば、利益以上に配当金を出しているので、減配のリスクが高まります。

NTTドコモの場合、業績も好調ですし、配当性向は安定して40%~60%程度の範囲内で収まっています。

9437NTTドコモ 配当性向

NTTドコモの売上高推移

NTTドコモの売上の大半は、携帯電話事業です。

なにしろ、国内シェア4割とトップですからね。

ドコモを知らない人はいないでしょうし、4兆円規模の売上が安定してあります。

9437NTTドコモ 売上高

NTTドコモの営業利益

携帯電話会社は儲けすぎというような批判もありますが、その裏で莫大な設備投資をしていますので、きちんと収益を出してもらわないと困るのは私たちです。

日本のように、安定した通信インフラが整っているのは、携帯会社の努力のたまものではないでしょうか。

ドコモの営業利益は、1兆円には届きませんが安定して8,000億円以上あります。

9437NTTドコモ 営業利益

2019年度からは、携帯料金の引き下げを明言していますので、業績は落ち込むことが予想されています。

そこでも、配当を維持、または、増配してくれることを期待したいですね。

NTTドコモの営業キャッシュフロー・マージン

営業キャッシュフロー・マージンとは、

営業キャッシュフロー÷売上高

で算出されます。

営業キャッシュフローは、会計的にごまかしにくい、キャッシュフロー(現金の動き)計算書から読み取ることができます。

そして、現金を稼ぐ力を読み取ることができるため、『営業キャッシュフロー・マージン』はとても重視しています。

15%以上あれば、キャッシュを作る力が強いと判断できますが、

NTTドコモは30%前後ありますね。

9437NTTドコモ 営業キャッシュフローマージン

驚異的な現金を稼ぐ力を持っています。

配当金目的の投資を初めてする場合、NTTドコモのような株はうってつけです。

現在、600株保有していますが、最低でも1,000株までは買い増ししたいと考えています。

NTTドコモの携帯電話以外の収益

NTTドコモは、携帯電話の市場飽和もあり、また、政府からの携帯料金引き下げの圧力もあります。

最大2割~4割の携帯料金引き下げを2019年春から実施予定ですので、モバイル事業の巨額減収は避けられません。

以前から、NTTドコモは非携帯電話事業に力を入れており、順調に育っています。

1,400億円規模に育つ

まだまだNTTドコモの営業利益全体から見ると小さいですが、

全体の20%近くになるまで育ってきています。

資料:NTTドコモ 2019年3月期第3四半期決算資料より スマートライフ営業利益

資料:NTTドコモ 2019年3月期第3四半期決算資料より スマートライフ営業利益

dカードをはじめとする金融分野などがけん引していますね。

核となるのはdポイント

私もdポイントを貯めていますが、核となるのは「dポイント」です。

以前はドコモユーザー限定だったポイント制度を開放し、今では誰でも貯めることができます。

私もドコモ契約者ではありませんが、dポイントを貯めています。

資料:NTTドコモ 2019年3月期第3四半期決算資料より dポイント

資料:NTTドコモ 2019年3月期第3四半期決算資料より dポイント

dポイントを軸とした、ポイント経済圏により消費者の囲い込みを実施。

楽天ポイントを猛追するまでになっています。

dカードも極めて順調ですね。

資料:NTTドコモ 2019年3月期第3四半期決算資料より dカード

資料:NTTドコモ 2019年3月期第3四半期決算資料より dカード

5Gに向けての準備

5Gが始まると、

  • 大容量
  • 低遅延
  • 複数同時端末

という4G(LTE)ではなかなかできなかったことができるようになります。

特に、大容量が武器となる映像コンテンツ事業は期待が大きいですね。

コンテンツ、映像技術のノウハウを有する「NTTぷらら」を子会社化することで、dポイント会員との調和をめざしています。

資料:NTTドコモ 2019年3月期第3四半期決算資料より NTTぷらら子会社化

NTTドコモは安定配当

携帯料金の引き下げによる業績悪化は気になります。

ただ、NTTドコモは財務基盤はかなり強固ですし、稼ぐ力もあります。

そして、非携帯電話事業も順調です。

今後の配当維持に死角なく、継続保有、または、買い増ししていく銘柄です。

ではでは。

コメント