【7199】プレミアグループの配当金推移。ストックビジネスで高成長株

出典)プレミアグループHP 事業日本株
出典)プレミアグループHP 事業

プレミアグループ(7199)は中古車オートクレジットとワランティ(修理保証)の2本柱の事業を展開する会社です。

2017年に新規上場した会社ですが、社歴は12年ほどあります。

2019年4月1日に株式分割(1→2)を予定していますね。

成長力もあり、配当性向40%を目安に配当金を出す方針を打ち出していますので、今後伸びる増配銘柄として着目しています。

スポンサーリンク

プレミアグループとは

出典)プレミアグループHP 利益

出典)プレミアグループHP 利益

「オートクレジット」は月々の分割払いで購入できるサービスです。

車は分割払いで購入することが多いですが、そのサービスを手掛けています。

オートクレジット分野は、銀行系クレジットが手掛けていますが、参入障壁が高く、新規参入はプレミアグループの1社のみです。

そして、銀行系は縛りも厳しいですが、プレミアグループは唯一の独立系としてこのオートクレジット事業を展開しています。

また、ワランティは修理保証サービス。

家電や携帯電話のほうがイメージしやすいですが、もし故障があった場合に修理保証をするものですね。

クレジット事業が大半を占める現状ですが、ワランティ事業と半々程度にまで将来成長させることを目標にしています。

出典)プレミアグループ2019年3月期第3四半期決算説明資料 概要

出典)プレミアグループ2019年3月期第3四半期決算説明資料 概要

営業費用売上倍率

営業費用売上比率とは、費用1円あたりの売上を見る指標。

売上-営業利益=営業費用とみなし、売上÷営業費用=営業費用売上倍率を最も重視する指標としています。

「営業費用売上比率」が高いということは、「費用1円あたりの売上も高い」ということなので、儲かる商品であることを意味する。

1.15以上が望ましいとされていますが、高いほど良いです。

営業費用売上比率はいつもプラスです。単位費用あたりの企業の提供するサービスや商品の平均的な価格と見なすことができます。

営業費用はいつもプラスです。よって時系列データとしての分析対象になります。これは企業の供給の量を表す数量データとして便利な数字なのです。

営業費用売上比率は、時系列比較に値する分析指標なのです。

営業費用売上倍率は、1.15以上で推移しており、四季報による2018、2019年度決算においても高い倍率を誇ります。

プレミアグループ 営業費用売上倍率

1商品当たりの利益が高い事業モデルと言えます。

1.25当たりの水準は、NTTドコモやKDDIのような通信インフラを手掛ける企業と同水準なので、かなり高いですね。

プレミアグループの配当金・配当性向

プレミアグループ 配当金 配当性向

2017年以降、配当金を出しています。

配当性向は40%を目途に配当を出す方針を打ち出しています。

これまでの配当金は、利益剰余金ではなく、資本の払い出しのため、配当所得という形ではないので税金がかからなかったですね。

プレミアグループの強み

出典)プレミアグループ2019年3月期第3四半期決算説明資料 強み

出典)プレミアグループ2019年3月期第3四半期決算説明資料 強み

車市場は巨大市場です。

繰り返しになりますが、独立系としての強みがあるので、ほかのオートクレジット事業を展開する銀行信販系より機動的なサービス展開が期待できます。

クレジット取扱残高、ワランティ取扱残高

クレジット取扱残高、ワランティ取扱残高ともに、右肩上がりで成長しています。

出典)プレミアグループ2019年3月期第3四半期決算説明資料 クレジット

出典)プレミアグループ2019年3月期第3四半期決算説明資料 クレジット

創業以来2ケタ成長を続けているワランティは、累計10万件を突破するなど絶好調ですね。

出典)プレミアグループ2019年3月期第3四半期決算説明資料 ワランティ

出典)プレミアグループ2019年3月期第3四半期決算説明資料 ワランティ

プレミアグループの成長戦略

今は国内での展開が主となっていますが、海外事業への展開に乗り出します。

特に、日本車の多いタイなどアジアでの展開を公言しています。

出典)プレミアグループ2019年3月期第3四半期決算説明資料 成長戦略

出典)プレミアグループ2019年3月期第3四半期決算説明資料 成長戦略

クレジットとワランティの2本のストックビジネスをコアに、さらに新規事業も予定しているので、企業の成長を見据えていきたい。

時価総額200億円程度とまだまだ小粒企業。

新規投資候補として、購入を考えています。

カーライフのトータルサポートを推進する企業として、保険など別分野も乗り出していければ、事業の厚みがでてきそうです。

出典)プレミアグループHP 事業

出典)プレミアグループHP 事業

株価は2018年末の東証一部上場を公表後に暴落していますが、拾っていきたいなと。

以上、プレミアグループでした。

ではでは。

日本株
スポンサーリンク
ジンさんをフォローする
スポンサーリンク

株式投資では、ある程度の資金が必要です。

ただ、少額でも投資する良い方法があります。

SBI証券の新しい証券「SBIネオモバイル証券を使うこと」です。

SBIネオモバイル証券では、単元未満株である1株から購入できるため、低予算で投資が可能!

3000円など金額単位でも買うことができます。

たとえ1株でも配当金はもらえますので、株主デビューに最適の証券会社ですね。

Tポイントでも投資ができる点も魅力的ですね。

【SBIネオモバイル証券のメリット】

  • 1株から購入できる(KDDIやJTなど超優良企業を3000円くらいから買える)
  • 3000円など金額単位で購入できる
  • 月50万円までの投資なら、取引手数料が200円で固定(Tポイントが毎月200円もらえるので実質無料)
  • Tポイントを利用して株を買える(SBIネオモバだけ!)
  • スマホアプリを利用して個別株の定期購入ができる(便利!)
  • 1株からでもIPO(新規公開株)に申し込みができる

私も使っていますが、かなり使いやすいです。

少額投資でも分散投資していくことができます。

特に、個別株の定期購入は、魅力的ではないでしょうか。

まずは、今すぐ口座を開設して使ってみましょう!

口座開設は無料です。

口座開設をされたら、手数料(取引50万円までなら月200円定額)はクレジットカード払いですので、忘れずに登録しておいてくださいね。

ジンの配当日記

コメント