【3969】エイトレッドはストックビジネス+高収益!株主優待も年2回と魅力

3969 エイトレッド ワークフロー3 20年3月期決算説明資料より日本株
3969 エイトレッド ワークフロー3 20年3月期決算説明資料より

ワークフローシステムメーカー、ソフトクリエイトホールディングスの子会社のエイトレッド(3969)は、連続増配、株主優待ありと魅力です。

2月の決算の際に数字が悪くて、売ってしまったのですが、コロナショックの後はあれよあれよと株価も上がっていますね。

改めて見てみると、非常に良い銘柄で全く売る必要のない銘柄でした。少し後悔しています。

エイトレッドは、高収益+ストックビジネス銘柄として、非常に魅力度高いです。しかも、まだ時価総額150億円程度の小型株であり、株価の上昇も期待できますね。

スポンサーリンク

ワークフローシステムとは

ワークフローは、今までの決裁などをシステム化・電子化していくことです。つまり、ペーパーレスカですね。

テレワークが普及していますので、ワークフローのニーズは高まっています。

3969 エイトレッド ワークフロー 20年3月期決算説明資料より

3969 エイトレッド ワークフロー 20年3月期決算説明資料より

まるで紙に書くような感覚で利用できるのが、エイトレッドの製品の特長です。

3969 エイトレッド ワークフロー2 20年3月期決算説明資料より

3969 エイトレッド ワークフロー2 20年3月期決算説明資料より

エイトレッドの業績推移

エイトレッドの業績は、非常に好調で安定成長しています。

しかも、経常利益率は35%を超える超高収益企業!

3969 エイトレッド 業績推移

高収益企業を支えるのが、ストックビジネスである点です。

クラウドサービスとサポート部門の売上が全体の64%にもなっており、景気に左右されにくい事業構造です。

3969 エイトレッド ストックビジネス 20年3月期決算説明資料より

3969 エイトレッド ストックビジネス 20年3月期決算説明資料より

すでに3000社以上が導入

セブン&アイグループ各社に導入されるなど、すでに3000社以上に導入されており、業務に必要不可欠なサービスとなっていますね。

3969 エイトレッド ワークフロー 導入 20年3月期決算説明資料より

3969 エイトレッド ワークフロー 導入 20年3月期決算説明資料より

ワークフローの市場シェアでも高いシェアを誇っており、エイトレッドの優位性があります。

3969 エイトレッド ワークフロー3 20年3月期決算説明資料より

3969 エイトレッド ワークフロー3 20年3月期決算説明資料より

クラウド関連のサービスの成長性が高いのも特徴的です。

3969 エイトレッド セグメント 20年3月期決算説明資料より

3969 エイトレッド セグメント 20年3月期決算説明資料より

エイトレッドの財務面

自己資本比率は70%を大きく超えており、有利子負債ナシと全く問題ありません。

3969 エイトレッドBS

エイトレッドのキャッシュフロー

エイトレッドのキャッシュフローですが、営業キャッシュフローマージン、フリーキャッシュフローマージンともに、すさまじい高さであり、キャッシュ創出力に優れています。

3969 エイトレッド CF

エイトレッドの株主還元

エイトレッドは毎年配当金を増やしており、増配銘柄としても魅力的です。

3969 エイトレッド 配当金

株主優待

エイトレッドは、株主優待を実施しています。

9月と3月の年2回のクオカードをもらうことができます。

年2回の株主優待というのも魅力的ですね。

3969 エイトレッド 株主優待 20年3月期決算説明資料より

3969 エイトレッド 株主優待 20年3月期決算説明資料より

エイトレッドの株価推移

株価はコロナショックを底に大幅上昇しています。

3969エイトレッド株探より

3969エイトレッド株探より

テレワークや校務効率化に向けて、教育委員会への営業も加速しそうですね。

3969 エイトレッド 教育 20年3月期決算説明資料より

3969 エイトレッド 教育 20年3月期決算説明資料より

今後の成長も期待できる銘柄として新規購入していきたいと考えています。

ではでは。

日本株
スポンサーリンク
シーアイさんをフォローする
スポンサーリンク

株式投資では、ある程度の資金が必要です。

ただ、少額でも投資する良い方法があります。

SBI証券の新しい証券「SBIネオモバイル証券を使うこと」です。

SBIネオモバイル証券では、単元未満株である1株から購入できるため、低予算で投資が可能!

3000円など金額単位でも買うことができます。

たとえ1株でも配当金はもらえますので、株主デビューに最適の証券会社ですね。

Tポイントでも投資ができる点も魅力的ですね。

【SBIネオモバイル証券のメリット】

  • 1株から購入できる(KDDIやJTなど超優良企業を3000円くらいから買える)
  • 3000円など金額単位で購入できる
  • 月50万円までの投資なら、取引手数料が200円で固定(Tポイントが毎月200円もらえるので実質無料)
  • Tポイントを利用して株を買える(SBIネオモバだけ!)
  • スマホアプリを利用して個別株の定期購入ができる(便利!)
  • 1株からでもIPO(新規公開株)に申し込みができる

私も使っていますが、かなり使いやすいです。

少額投資でも分散投資していくことができます。

特に、個別株の定期購入は、魅力的ではないでしょうか。

まずは、今すぐ口座を開設して使ってみましょう!

口座開設は無料です。

口座開設をされたら、手数料(取引50万円までなら月200円定額)はクレジットカード払いですので、忘れずに登録しておいてくださいね。

40歳で歯列矯正(インビザライン)

コメント